計測・試験機器総合Web展用語集

一覧を見る
用語集キーワード検索  

「C」の計測器用語一覧

18見つかりました。

前へ12 次へ

CAL

“校正電圧”に同じ。

CIE

"Commission Internationale de l'Eclairage"の略で、国際照明委員会のことである。

CIEDE2000色差式

⊿E00(デルタイーゼロゼロ)とも表示される。 知覚される色差とのより良い相関を得ることを目的として、心理メトリック量の差⊿L*、⊿C*ab、⊿H*abに重み付けを伴う色差の計算方法の一つとして、CIEに2000年に提案され2001年に推奨された色差式である。

CIE標準イルミナント

CIEによって相対分光分布が規定されたイルミナントA及びD65。 イルミナントAは温度が約2856Kの黒体放射を、イルミナントD65は紫外線放射を含む昼光を代表するものである。

CIE標準分光視感効率

CIE標準比視感度(シーアイイーヒョウジュンヒシカンド)とも言う。 標準的な分光視感効率として、CIEにおいて合意された値。JIS光学用語より。

CIE平均化LED光度

LEDの先端を頂点として、測光軸を頂点からおろした垂線(中心線)とする円すい(錘)内の光束(放射束)を、円すいの底面に対応する立体角について平均した光度。単位はカンデラ(cd)。 316mmの距離から100mm2の円形アパーチャーで測光するコンディションAと、100mmの距離から100mm2の円形アパーチャーで測光するコンディションBがある。

CRT

陰極線管の略。電子ビームをある面上の小さなスポットに集中し、そのスポットの位置と電流密度を変えることによって、可視または他の検出可能なパターンを発生できる電子線管(ブラウン管)。 

CMRR

“コモンモード除去比”に同じ。

COD

化学的酸素要求量。水中の被酸化物質(有機物ほか)を酸化するために必要な酸素量。強力な酸化剤(過マンガン酸カリウムまたは二クロム酸カリウム)を用いて一定の条件下で試料水を処理したときに消費される酸化剤の量を対応する酸素の量に換算したもの。海域と湖沼の水質の環境基準に用いられている。

CMP

1分あたりの放射線計測回数で放射線量。放射線測定機に1分間に入ってきた放射線の数を計測している。人体への影響の大小は考慮していない。

前へ12 次へ

最近登録された製品

  • 機器開発・設計
  • デジタル線幅測定機
  • 白黒透過濃度計
  • 網点測定器
  • 電波暗室ビデオシステム
  • カラー反射濃度計
  • 白黒反射濃度計
  • 分光色差計・濃度計
開催中の展示会 電子計測機器展 試験機器展 太陽電池テクノロジー展 科学・分析機器展 EMC・ノイズ対策技術展 自動車テクノロジー展 画像・センシング展 二次電池テクノロジー展 ディスプレイテクノロジー展 ソフトウェア展 省エネ計測展

高解像度のスマートサーモグラフィ testo 865/868/871/872

年度末予算で計測器をお探しならテクトロ二クス/ケースレー

FTAでこんなに簡単なツールがあった!

YouTubeチャンネル 公式facebookページ 公式ツイッター

注目の動画

ライカ デジタルマイクロスコープ (Leica DVM6)の動画デモンストレーション

ライカ デジタルマイクロスコープ
(Leica DVM6)

ワンハンドデジタルマイクロスコープの簡単画像撮影をご紹介!

トピックス

トピックス一覧を見る  RSS
計測展用語集はこちら
メルマガ購読設定

業界ニュースや登録メーカー各社の最新の情報をお届けいたします。

購読
出展をご希望のメーカー様へ