サバール板

【SAVART PLATE】偏光プリズムの一種。複屈折を持った平行平面結晶板。分光器の部品として使われ、分光測定器、回折格子の偏光依存性解消のためにサバール板を使う。電磁場のビオ・サバールの法則で知られたフランスの物理学者サバールによって発明。主に複屈折の特性を持つ方解石が用いられる。サバール板に45の直線偏光を垂直に入射すると出力はそれぞれ0°、90°の方位に変更した2本の平行なビームに分岐する性質がある。
開催中の展示会 電子計測機器展 試験機器展 太陽電池テクノロジー展 科学・分析機器展 EMC・ノイズ対策技術展 自動車テクノロジー展 画像・センシング展 二次電池テクノロジー展 ディスプレイテクノロジー展 ソフトウェア展 省エネ計測展

高解像度のスマートサーモグラフィ testo 865/868/871/872

年度末予算で計測器をお探しならテクトロ二クス/ケースレー

FTAでこんなに簡単なツールがあった!

YouTubeチャンネル 公式facebookページ 公式ツイッター

注目の動画

ライカ デジタルマイクロスコープ (Leica DVM6)の動画デモンストレーション

ライカ デジタルマイクロスコープ
(Leica DVM6)

ワンハンドデジタルマイクロスコープの簡単画像撮影をご紹介!

トピックス

トピックス一覧を見る  RSS
計測展用語集はこちら
メルマガ購読設定

業界ニュースや登録メーカー各社の最新の情報をお届けいたします。

購読
出展をご希望のメーカー様へ