振動速度・振幅・加速度

振動は周波数と大きさで表すことができ、その大きさにあたるのが速度、振幅、加速度になる。 例えば、1m/s(v)で1kHz(f)の振動をしている物体の振幅は速度を積分すで、“v/(2 π f)”で表すことができる。ればよいので、“v/(2 π f)”で表すことができる。なお速度を微分するには速度に“2 π f”をかける。(2 π fv)  1(m/s)÷[2×π×1000(Hz)]≒ 1.59 × 10-4(m)。 補足:速度を積分すれば振幅微分すれば加速度に変換できる。
開催中の展示会 電子計測機器展 試験機器展 太陽電池テクノロジー展 科学・分析機器展 EMC・ノイズ対策技術展 自動車テクノロジー展 画像・センシング展 二次電池テクノロジー展 ディスプレイテクノロジー展 ソフトウェア展 省エネ計測展

高解像度のスマートサーモグラフィ testo 865/868/871/872

年度末予算で計測器をお探しならテクトロ二クス/ケースレー

中塗り、電着からトップコートまでオレンジピールを管理 【BYK】ウェーブ・スキャン

YouTubeチャンネル 公式facebookページ 公式ツイッター

注目の動画

ライカ デジタルマイクロスコープ (Leica DVM6)の動画デモンストレーション

ライカ デジタルマイクロスコープ
(Leica DVM6)

ワンハンドデジタルマイクロスコープの簡単画像撮影をご紹介!

トピックス

トピックス一覧を見る  RSS
計測展用語集はこちら
メルマガ購読設定

業界ニュースや登録メーカー各社の最新の情報をお届けいたします。

購読
出展をご希望のメーカー様へ