GNSS特集「3分でわかるGNSS(全世界測位システム)のお話」

GNSS特集「3分でわかるGNSS(全世界測位システム)のお話」

GNSSとは?

地球をとりまく測位衛星

日常的にスマートフォンを使い、道に迷わず目的地へ到着できる便利な世の中となりました。その技術を支えているのが全世界測位システム(GNSS)です。

Global Navigation Satellite System:人工衛星(測位衛星)を利用した全世界測位システム

地球上のどこに自分がいるかがわかり、今話題の自動運転にも欠かせない要素技術です。

測位するにはどうしたらいいの?

測位衛星を4機用いて、位置情報(X,Y,Z)を取得します。
「自分」と「4機の測位衛星」との距離をそれぞれ計算し4つの距離を求めます。
その4つの距離がひとつに交わる点を数学的に割り出し、そこが自分の位置となります。

【測位衛星と自分までの距離=電波の速度 X 電波伝搬時間】

・電波の速度=299,792,458m/秒
・電波伝搬時間:「測位衛星から出た電波」が「ユーザの持つ受信機」に届くまでの時間。

測位衛星から送信した電波には「送信した時刻」の情報が入っているので、「送信した時刻」と「自分のところに電波が到着した時刻」との差で「電波伝搬時間」がわかります。
計算上は3つの距離情報があれば自分の位置が特定できますが。
受信機の時計にはわずかに「誤差」があり、3機の衛星では位置情報にズレが生じます。
そのわずかな誤差補正するためにもう1機の情報を使います。

測位するにはどうしたらいいの?

測位手法はどんなものがあるの?

大きく2つ「単独測位」と「相対測位」にわかれます。
単独測位は全世界が測位エリアとなりますが測位精度は10m程度、相対測位は基準局の周辺のみとなりますが高精度な測位が可能となります。

測位手法はどんなものがあるの?

測位に使う人工衛星はどのようなものがあるの?

測位衛星は6カ国から打ち上げされているが、ナビゲーションで主に使用しているのは米国のGPS

測位に使う人工衛星はどのようなものがあるの?

GPSと準天頂衛星みちびきを組みわせ、電離層や衛星不足による誤差が改善し、より高精度な位置情報が得られる環境が整いつつあります。

高精度な位置情報を取得するにはどうしたら良いの?

自動運転を実現する為には高精度な測位情報が必要ですが、現状人工衛星の測位だけでは精度が足りません。
そこで慣性測定装置(IMU:Inertial Measurement Unit)との組み合わせで測位することでcm級の測位ができ、自動運転の実現が近づいてきました。

※慣性測定装置:3軸のジャイロ(角速度計)と3軸の加速度計で推測位置を計算できる装置。

GPS単独とIMUとの組合せでの実走実験結果

資料提供:測位衛星技術株式会社様より

GNSS推奨製品

測位衛星技術株式会社
自動運転車向けGNSS+IMUハイブリッド受信機【アイマー社】 (iTraceRT-F402)

車の衝突回避、前方衝突回避、レーンキーピングなどのADAS機能の開発、試験、燃費計測などで活躍。GPS/GLONASS対応、FOG搭載の高精度GNSS+IMU受信機。

測位衛星技術株式会社
MEMSジャイロ技術による小型高精度INS/GNSSユニット【アイマー社】 (iTraceRT-M200A-SDA)

GNSSとINSの小型ハイブリッド MEMSジャイロ搭載。移動体のリアルタイムの挙動を200Hzで計測可能。

GNSS(全世界測位システム)に関するお問い合わせは計測展事務局でも
受付しています。お気軽にご相談ください。

facebookでシェアする
開催中の展示会 電子計測機器展 試験機器展 太陽電池テクノロジー展 科学・分析機器展 EMC・ノイズ対策技術展 自動車テクノロジー展 画像・センシング展 二次電池テクノロジー展 ディスプレイテクノロジー展 ソフトウェア展 省エネ計測展

高解像度のスマートサーモグラフィ testo 865/868/871/872

年度末予算で計測器をお探しならテクトロ二クス/ケースレー

FTAでこんなに簡単なツールがあった!

YouTubeチャンネル 公式facebookページ 公式ツイッター

注目の動画

ライカ デジタルマイクロスコープ (Leica DVM6)の動画デモンストレーション

ライカ デジタルマイクロスコープ
(Leica DVM6)

ワンハンドデジタルマイクロスコープの簡単画像撮影をご紹介!

トピックス

トピックス一覧を見る  RSS
計測展用語集はこちら
メルマガ購読設定

業界ニュースや登録メーカー各社の最新の情報をお届けいたします。

購読
出展をご希望のメーカー様へ