【ローデ・シュワルツ】次世代車載機器向け無線・電子計測セミナー

2015年08月03日更新

セミナーは終了いたしました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

【ローデ・シュワルツ】次世代車載機器向け無線・電子計測セミナー

ローデ・シュワルツは、2015年6月8日(月)東京、2015年6月10日(水)名古屋、2015年6月12日(金)大阪にて、『次世代車載機器向け無線・電子計測セミナー』を開催します。

本セミナーは無料となっており、満席となる場合も予想されますので、お早目にお申込みいただきますよう、よろしくお願いいたします。皆さまのご来場心よりお待ちしております。

 

セミナーのご案内

ローデ・シュワルツは、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く電子計測器のリーディング・カンパニーです。エレクトロニクス分野に特化し、電子計測、放送、無線通信の監視・探知および高品質な通信システムなどで世界をリードしてきました。一方カーエレクトロニクスは、自動車が安全に「走る・曲がる・停まる」という基本的な動作を行ないながら、省燃費や快適性という新たな価値を自動車に付与してきました。

【ローデ・シュワルツ】次世代車載機器向け無線・電子計測セミナー

この技術動向を鑑み、これまで無線通信の世界において世界をリードしてきたローデ・シュワルツは、自動車に新たな価値を加える技術をご提案いたします。

 

<スケジュール>

時間
内容
12:30 ~ 13:00
受付
13:00 ~ 13:05
開会の挨拶
ドライバーの安全性を向上させる”運転支援システム” を支える技術
13:05 ~ 13:45
「Radar signal analysis in automotive applications (車載レーダーによるADASソリューション)」

Rohde & Schwarz International Operation GmbH & Co.KG
Regional Development Asia North T&M Dr. Taro Eichler

(使用言語:日本語)本セミナーでは、ドライバーの”目”となって車間距離や飛び出しを検出するシステムに応用が期待されている車載レーダー技術について、レーダーの基礎から技術的要求などについて解説いたします。今後、どのような測定が必要になり、また量産車に採用するにはどのよう な検証が必要になるのか、といったことを学ぶことができます。

 
13:45 ~ 14:25
「車載EthernetのPHYコンプライアンス試験の必要性と技術動向」

ローデ・シュワルツ・ジャパン(株)
マーケティング部 プロダクト・マーケティング課 吉野 恭司

(使用言語:日本語)衝突防止や白線逸脱防止など、予防安全として搭載される車載カメラ。今後自動車1台あたりに搭載されるカメラが増えていくと予想されていますが、カメラの台数が増えると伝送データ量が増大するので、より早い伝送速度が求められます。
本セミナーでは、車載カメラの新しい伝送路として注目が集まる車載Ethernet規格の一つである
BroadR-Reach®について、その規格・技術動向と合わせて製品化の際に必要になるPHYのコンプライアンス試験についてご紹介いたします。
 
14:25 ~ 15:05
「車載Ethernetシステムの開発におけるネットワークの解析・シミュレーション」

ベクター・ジャパン(株)
開発ツール部 竹本 順一氏

(使用言語:日本語)ECUの高機能化やデータ量の増大などにより次世代の車載ネットワークとしてEthernetの採用の検討がされ、カメラシステムでは既に量産車に採用、安全運転支援システムやインフォテインメントシステ ムでの先行開発も始まっています。
本セミナーでは、車載Ethernetシステム開発でのネットワークの解析およびシミュ レーションツールに対する要件や課題について紹介するとともに、課題を解決するためのベクターが提供する開発ツールCANoe.EthernetとVN5610を提案致します。

 
15:05 ~ 15:55
休憩(デモ展示もございますので、ご覧ください)
次世代の自動運転にむけた”つながるクルマ” を支える技術
15:55 ~ 16:35
「Market of eCall/ERA-GLONASS and its future - eCall over IP - (eCall/ERA-GLONASSの動向と今後)」

Rohde & Schwarz GmbH & Co.KG
Product Management Mobile Radio Testers Mr. Christian Hof

(使用言語:英語、通訳あり)ロシアでは2015年より既に緊急車両通報システムERA-GLONASSの導入が始まり、欧州でも同様なeCallの導入が検討されています。ローデ・シュワルツが提供している緊急車両通報システムに対する測定ソリューションを市場動向とあわせてご紹介いたします。
あわせて、今後LTEネットワークが構築された際に必要になるIPによるeCallのシステムの技術要請とその導入に必要な測定につ いてもご案内いたします。

 
16:35 ~ 17:15
「Car2X communication around the world (無線通信による車車/路車間通信の世界の動向)」

Rohde & Schwarz GmbH & Co.KG
Technology Management Systems and Projects Mr. Heinz Mellein

(使用言語:英語、通訳あり)自動運転の本格化に向けては、異なる車両間での相互通信や、信号機などのインフラ設備と車両が相互に通信することが必要になると考えられています。しかし一方で限られた周波数で車両同士通信を実現するための技術要求や、自動運転自動車に関する法規制など課題は山積しています。
本セミナーでは欧州、アメリカ、そして日本における、車車間通信の実現に向けた規格の動きを、技術背景とともにご紹介いたします。

 
17:15 ~ 17:30
閉会のご挨拶

 

開催要項

日時&会場
2015年6月 8日(月)  @東京会場  (JR新宿駅より徒歩6分)
  ローデ・シュワルツ・ジャパン本社/東京オフィス
  (東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル27階)
2015年6月10日(水) @名古屋会場  (JR名古屋駅より徒歩10分)
  名古屋プライムセントラルタワー
  (愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー13階)
2015年6月12日(金) @大阪会場  (阪急電鉄梅田駅より徒歩9分)
  梅田スカイビル
  (大阪市北区大淀中1-1 梅田スカイビルタワーウェスト22階)
受付開始 各回12:30より
対象 自動車関連の無線通信技術に携わるエンジニアの方。
車載機器の開発・設計に携わるエンジニアの方。
定員 各回約30名(定員になり次第、締め切らさせていただきます。)
受講料 各回、無料となります。
お申込締切日 2015年6月5日(金)迄  ※同業他社の方はご遠慮ください。

 

本セミナーへのお問い合わせ

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 セミナー事務局

TEL : 03-5925-1270

Email: info.rsjp@rohde-schwarz.com

 


ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社

ローデ・シュワルツ社は1933年、ローデ博士とシュワルツ博士によって設立されました。『エレクトロニクスと無線通信の分野で、創造的なソリューションを生み出していくテクノロジー・カンパニーであり続け、社会に貢献していく』という、創業当時から変わらない会社の目的を持っています。ローデ・シュワルツ・グループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、安全な通信、無線監視と電波探知において世界をリードしています。

ページトップ

facebookでシェアする
開催中の展示会 電子計測機器展 試験機器展 太陽電池テクノロジー展 科学・分析機器展 EMC・ノイズ対策技術展 自動車テクノロジー展 画像・センシング展 二次電池テクノロジー展 ディスプレイテクノロジー展 ソフトウェア展 省エネ計測展

高解像度のスマートサーモグラフィ testo 865/868/871/872

年度末予算で計測器をお探しならテクトロ二クス/ケースレー

FTAでこんなに簡単なツールがあった!

YouTubeチャンネル 公式facebookページ 公式ツイッター

注目の動画

ライカ デジタルマイクロスコープ (Leica DVM6)の動画デモンストレーション

ライカ デジタルマイクロスコープ
(Leica DVM6)

ワンハンドデジタルマイクロスコープの簡単画像撮影をご紹介!

トピックス

トピックス一覧を見る  RSS
計測展用語集はこちら
メルマガ購読設定

業界ニュースや登録メーカー各社の最新の情報をお届けいたします。

購読
出展をご希望のメーカー様へ